スポンサーリンク
ジャニーズ

キンプリ脱退真相は海外進出詐欺「海外展開していく気はない」ジャニーズ事務所

kinnpuri-sinnsouジャニーズ
スポンサーリンク

11月4日、King & Prince(キンプリ)の平野紫耀(25)、神宮寺勇太(25)、岸優太(27)が、来年5月22日でグループを脱退することがファンクラブサイトで発表後、様々な脱退真相や憶測が飛び交っています。

本記事ではキンプリの脱退理由の真相と、ジャニーズ事務所による海外進出詐欺であった事をまとめました。

スポンサーリンク

キンプリ脱退真相「海外進出詐欺だった」

キンプリの3人が脱退を表明したのはジャニーズ事務所公式ホームページとキンプリのファンサイトでした。それぞれのサイトを比較してみると、

【ジャニーズ事務所公式ホームページ】

この度、King&Princeは2023年5月22日をもちまして5人での活動を終了いたしますことをご報告申し上げます。

岸優太・平野紫耀・神宮寺勇太は、2023年5月22日をもちましてKing&Princeを脱退し、ジャニーズ事務所を退所することとなりました。平野と神宮寺はグループの脱退と同時に退所し、岸は2023年秋に退所いたします。永瀬廉と髙橋海人は、2023年5月23日より2人でKing&Princeとして活動してまいります。(略)

それぞれの人生についても何度も、話し合いを重ねました。その中で、海外での活動をはじめとして、それぞれに目指す方向が異なってきていることも分かってまいりました。議論を深める中で、お互いの人生を尊重するためにも、2023年5月22日をもって、5人での活動は終了をさせて頂く、という苦渋の結論に至りました。

【キンプリファンサイト】

僕たちKing&Princeは5人での活動を終了するという、苦渋の決断をさせて頂きました。

昨年より、今後の活動について、より具体的に話し合う時間が増えました。グループの活動のことから個人の人生について、時間をかけて本音で話し合った結果、大切にしている事は同じでも、海外での活動をはじめとして、それぞれの目指したい方向が異なることもわかりました。

その後、さらに話し合いを重ね、全員が「お互いの人生を尊重しよう」という考えで一致し、同時にファンの皆さまには純粋にコンサートを楽しんで頂きたく、ライブツアーが終了してから、皆さまにお伝えすることになりました。

突然のご報告となり、ファンの皆さま、ごめんなさい。

とそれぞれ綴られています。

ジャニーズ事務所公式ホームページとキンプリファンサイトで公表された内容を見ると、共通しているのは「海外での活動」という言葉です。

キンプリは元々海外進出を目標として活動してきたグループです。メンバー達はそれを目標に日々努力を積み重ねてきた事でしょう。しかし事務所から「海外進出はしない」とハッキリ言われればどうでしょうか?今までの努力を否定され、やる気が削がれてもおかしくはありません。

メンバーの一人である平野紫耀はキンプリ脱退報告の動画で、

「デビュー当時からジャニーさんとの夢や約束、そしてファンの皆さんとしていた約束、海外で活躍できるグループを目指してきましたが、自分の年齢と向き合ったときに、全力で取り組んだとしてももう遅いなと感じてしまい、目標を失い、今回の決断に至りました」
と語っています。平野紫耀以外の脱退メンバー2人も、脱退理由に「海外進出は無理、ジャニーさんとの約束を果たせない」といった脱退理由を述べていました。

【追記】キンプリ脱退真相「25歳ではもう遅い」

hiranosyou-dattai1

平野紫耀まだ25歳なのに海外進出にはもう遅いって言わせてるの完全に韓国アイドルの影響なんだろうなぁ。日本のアイドル市場と音楽業界がガラパゴス化しているから日本で売れても箱庭のアイドルでしかないのよね…
平野紫耀が「自分の年齢と向き合ったときに、全力で取り組んだとしてももう遅い」と述べているのは韓国アイドルの影響が強い。韓国アイドルは10代後半から20代前半にはアメリカで売り出し、遅くとも20代後半には売れています。
現在25歳の平野紫耀からしたら、25歳はもう遅すぎるのでしょう。(追記終わり)
脱退組は海外進出を目標に頑張ってきたが、このままでは海外進出は出来ない。夢を叶える事がこのままでは難しいので辞める。という考えであり、残留組はキンプリというグループを残していきたいと考えているようです。

【追記】キンプリ脱退真相「徐々にすれ違う意識の差」

前平野紫耀くんが、昔おしゃれイズムで、
世界進出を元々目指してデビューしたので、方向性がずれちゃった方が居ると僕が怒るって言っていました、だからファンクラブの動画で伝えてくれた事あってるんじゃないかって個人的には思います

【動画内の会話】

上田:「ちょっと方向性がずれて険悪なムードになったりしないの?」

平野:「ちょいちょいありますよ」

上田:「それはあるの?どういう事で?」

平野:「やっぱり、こう、僕らking&princeはデビューする時に社長と話し合って世界を目指そうってなったんですよ」

上田:「おぉ!かっこいいじゃんか!」

平野「はい!なんで、それで世界を目指すにあたって、ちょっと方向性がずれちゃった方とかが
いる時は僕が怒りますね。」

上田:「どんな感じで怒るの?じゃあちょっと泉ちゃんが方向性違う事言ってるとするじゃん?」

平野:「お前なにしてんだコラ!」

 

5人で活動していくうちに、「世界進出」という共通の目標にも意識の差が生まれていったようです。海外進出を強く望むメンバーと、日本で頑張りたいと思うメンバーとの意識の差が、今回のような分裂を生んでしまいました。(追記終わり)

ではキンプリは元々海外進出が目標でしたが、何故海外進出を断念せざるを得なかったのでしょうか?
それは結成当時はジャニー喜多川氏が健在で、ジャニー喜多川氏が海外進出のために作ったグループでしたが、亡くなられてジュリー氏が経営するようになると海外進出の話しはどこかに消えてしまい、夢を叶えたいメンバーとサポートする気のない事務所との間に深い溝が出来たからでしょう。
メンバーからしたら「海外進出詐欺」に遭ったようなものです。
kinnpuri-eiyaku
開設当時から続いていた、キンプリ公式Twitterの英文訳が今年の9月を最後に無くなっている。恐らく、同じタイミングで、事務所からあと数年は、キンプリをグループとして海外展開していく予定はない。って言われたんじゃないかな。
開設当時はキンプリの海外進出を目指していたため、SNSには英訳が付けられていましたが、9月を境に英訳が付かなくなりました。恐らくこの時点ではっきりとキンプリは海外進出できない、と宣告されたのでしょう。
事務所側が海外進出を止めた理由としては、ジュリー氏の自営業的な経営によるものでしょう。日本でCMやドラマ、映画などに出演し知名度を上げ、CDを売っていく、という昔ながらの戦法です。大きなリスクを背負うより、今成功している所だけで活動していけばいいという考え方のようです。
ジャニー喜多川氏との約束、自分たちの夢を事務所側から裏切られた形となり、深く傷ついた事でしょう。
スポンサーリンク

キンプリ脱退真相「トラジャは海外進出を果たしたのは何故?」

kinnpuri-torajya

分かって欲しい
トラジャデビューは米Capitol Recordからのオファーで実現したもので。AGTやWODを見た関係者がウチから曲出しませんかとスカウトされたんだよ。
ジャニーズ事務所がキンプリの件でトラジャをデビューさせたとかトラジャが海外行けるならキンプリも。とか全然別物の話だと思う。
ジャニーズ事務所は海外進出を望んではいませんが、それでは何故トラビスジャパン(トラジャ)はアメリカで世界デビューを果たす事ができたのでしょうか?
それは上記のTwitterにもあるように、Capitol Recordからスカウトされたからです。
恐らくトラジャのアメリカ留学も、ジャニーズ事務所からするとデビューさせる気は無かったでしょう。あまりにも海外!海外!と言うから「留学」という言葉を使って「左遷」させたも同然の状態でした。
しかしトラジャのメンバー達は、
  • 日本でのキャリアを捨てた
  • 7人共同生活ほぼ2人部屋
  • 水回り故障してる
  • 平日学校レッスンで土日仕事
  • 日本のファンのために深夜12時(日本時間16時)からインライ

等の努力を重ねてきました。その努力が目に留まり、スカウトされた。というラッキーな流れだったのです。恐らくスカウトされなければ事務所はこのままズルズルと海外生活を送らせ、「もう嫌だ!」と言うまで飼い殺しにするつもりだったのでしょう。

トラジャのメジャーデビューは本当にラッキーとしか言いようがありません。

キンプリのメンバーもトラジャと同じように事務所に掛け合い、5人で海外留学が出来たかもしれません。しかしメンバーは「脱退」と「海外進出を諦め、現状維持を取った」形となってしまいました。

ちなみにSix TONESも最初の頃は「海外」と言っていましたが、現在は日本向けの仕事しかしていません。「海外」という夢を見させてやる気を出させ、実際には海外デビューはさせないというやり方では失望して辞めてしまってもしょうがないかもしれません…。

スポンサーリンク

キンプリ脱退真相「脱退組の海外進出の可能性」

kinnpuri-kaigai

キンプリから脱退する3人よ。末っ子にこんな悲しい顔させたんだからやるからにはキチンと海外で成功するんだぞ。

キンプリを脱退する3人は海外進出を強く望んでいたための退所となりますが、3人は海外進出を果たす可能性はあるのでしょうか?

平野紫耀の場合

平野紫耀は誰よりも努力を重ね、キンプリを引っ張ってきた人です。人一倍海外志向が強かったので得意のダンスや歌を生かし、世界進出を視野に入れた仕事をしていく可能性は大いにあります。

また平野紫耀の場合は、ジュニア時代から付き合っている彼女と海外でサングラスをかけて子育てしていそう、といったファンの考察もあったりします…。

岸優太の場合

岸優太は、活動を終了した後の事はまだ具体的には決まってないようですが、海外に関わる仕事等いろいろな挑戦をしてみたいと公言していました。

ジャニーズとしてのアイドル活動しか経験がないので、色々な事に挑戦してみたいと思うのは当然でしょう。

神宮寺勇太の場合

神宮寺勇太は元キンプリでありジャニーズ事務所を退所した岩橋玄樹と合流する可能性がありそうです。2人はキンプリの前身だった「Mr.Prince」時代から仲が良く、岩橋玄樹がジャニーズ事務所を退所した後も忘れられない存在になっているとファンの間では有名でした。

この3人が本当に海外進出を達成してくれる事がファンにとっても、キンプリとして残ったメンバーとしても一番嬉しい事なのでしょうが、本当に海外進出を手にする事はあるのでしょうか?

もしかしたら先に退所した滝沢秀明が3人を引き抜く可能性も…??

【追記】キンプリ脱退真相「岩橋玄樹が海外モデルロール」

元キンプリメンバーの岩橋玄樹は2018年11月から持病であるパニック障害の治療に専念するためにキンプリの活動を休止。しかし2021年3月でキンプリを脱退、そしてジャニーズ事務所を退所しています。

事務所を退職後はアメリカと日本を拠点にソロアーティストとして活動を再開。シングルやライブなど精力的に活動しており、キンプリとは真逆に海外で自由に活動を行っています。そんな岩橋玄樹に平野紫耀と神宮司勇太は頻繁に連絡を取り合っていたそう。

「平野くんや神宮寺くんはかなり頻繁に岩橋くんと連絡を取り、彼が帰国するたびに、顔を合わせて海外の事情を聞いていました」(芸能関係者:NEWSポストセブン)
ジャニーズ事務所に所属せずとも海外で活躍し、自由に活動する岩橋玄樹は海外進出組の憧れと焦りの象徴となり、今回のキンプリ脱退の背中を押してしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ponzをフォローする
Ponz News Site

コメント

タイトルとURLをコピーしました